58パーセント



58%

この数字は弊社がお客様に見積を出して受注になる割合、言わば苦労が報われる確率。

分母は直近から2000案件さかのぼっての数字。個人的には悪くない数字だと思っています。

毎週月曜日の朝、売上と原価をチェックしています。この感覚は前職の外資メーカー企業の経験から。デイリークローズと言い、毎日決算するイメージだそうです。弊社のビジネスはデザイン設計。提案から完了までビジネスの足が長い為、1週間単位。それでも業界ではかなり早い方かもしれません。

最初は手作業でしたが、スピードアップする為自前でシステムを開発して今は3ステップで集計。
勝利した案件、負けた案件、毎週分析する事で、成果を出す方法が自然と見えてきます。そして、毎週決算に近い状況を把握することができるので、心に余裕をもって経営する事も思わぬ副産物。

この作業を200週間以上、実施していますが会社は生き物であり、保存がきかない生モノ。経営をしていると予測をすることが困難な事が不定期に発生しますが、今私は心に余裕があるので正面からその変化を楽しめています。