ソウルフード



小学校低学年の頃、

父から「1000円ラーメンがあるから行かへんか?」
道頓堀にある屋台のような店舗のような、
カウンターに父と兄と私の3人で座り、1000円ラーメンを注文。

通常のほぼ倍の大きさのドンブリに出てきた、
大きなラーメン。
ラーメンという食を意識したのは、、ここから。

その店の名は『神座(かむくら)』

次は兄から
「天一めちゃめちゃうまいから、
ミナミ(難波)行ったら食べたらええで」

その名は『天下一品』

この2つは私の思い出の味。
東京には星の数ほどラーメン店があり、
人気店はかなり食べたが結果、
今はこの2店しか行かない…

DNAに刻まれた味と思い出はもう消えない…苦笑


今日も昼過ぎに恵比寿の天一に出勤笑笑
50周年だそうでクジに当たって保冷バックゲット!

味を改良しマーケティングやブランディングなども
強化しラーメン一杯で50年。

50年続く会社は0.00数%…
企業や飲食店、ほとんど生き残れない中、
今も継続している事に尊敬の念を抱きながら、いただきます!