変化に対応



いつか会社が大きくなって取材を受けた際、
人生に影響を与えた本は何ですか?と聞かれたら、
この本を必ずあげると思う。笑笑

チーズはどこへ消えた
スペンサージョンソン

2匹のネズミと2人の小人の話

キーワードは、
 嗅ぎつける
 素晴やく動く
 取り囲む
 笑う


物事を観察し変化に対して正面から受けとめ、
シンプルに考え行動する事の大切さを物語を通して教えてくれる。
複雑な思考と変化に適応できない事がいかに
自分の将来を閉ざしていることか…
頭では分かっていても日々の生活の中で溢れてしまうこの大切な思考。
それを防ぐため何回もこの本を読んでいる。
かれこれ30回は読んだかな。

読む度自分の成長と社会的ポジションと責任範囲で
気になると箇所が変わる。

今回は51ページ。好きなイチロー選手の背番号と同じ笑

コロナ禍の今、また読みたくなり15分で読破。
51ページ目から勇気をもらった。

変化は、災難に見えても結局は天の恵。
後から2020年を振り返ったとき、この時期があったからこそ、
今があると必ず思うんだろうね。