変わる時



人も会社も変わる時があると思う。それが今。

私の場合全ての責任を負って会社と自分の人生を歩んでいる、
このことに疑いの余地はない。


特に会社に関してはオーナーであり株主であり経営者。
私の考え方、行動で右にも左にも上にも下にも会社は動く。

リーマンショックが2009年末。
不況だなーと感じた期間は2010年から2013年。
この時はただガムシャラに何も考えず、戦略なく、呼ばれたら飛んでいく、
そんな毎日だった。

獲得した成果はギリギリ経営をしていける決算書と為せばなると言う、
はがねのメンタル。

世の中に求められる事を生業にしていれば、
ギリギリの決算書ありきで金融機関は話を聞いてくれる。
皆会社を閉めていく中粘りに粘ってお金で買えない経験を獲た。
この経験こそが自分の価値。

コロナショック不況が今後やってくるとわかっている今、思う事は…

変わる事。考えと行動を。

世間の流れに身を任せたり隣を見て真似したり…
表面を変えるのでは無く過去の経験を活かすこと。

ただ求められるがままではなく、
どこの誰が何を求めているのか?
何をしたら成果と言われるのか?
これから企業を相手に展開していきたい。

コロナ発生時から、ピンチはチャンスと社内外に豪語していた。本気で思う。

新常態。

新しい価値が生まれるこの時は我々のようなベンチャーには
好機としか言いようがない。