大阪マーケット



大阪と言うマーケットは特殊。
聞いた話ですが、外資系小売ブランドの
日本進出第一号店は大阪に出すようです。
場所は心斎橋や難波。
なぜ、大阪なのか。
恐らくそれは大阪と言うマーケットは
シビアだから…
堺の商人と称されるように商売の街。
DNAは今も受け継がれているようです。



事実、昨年3月にオフィスを心斎橋に構えスタートしたが、
6ヶ月間、売上ゼロ。
提案や見積の機会はあったものの受注になかなか至りませんでした。
想像以上に大阪市場は厳しいなと言うのが率直な感想です。
作戦を切り替え、パートナーシップ構築に舵をとり、
取引先との人間関係構築にフォーカスしました。
すると、、、
案件が決まり利益がではじめました。



人との繋がり、信頼関係、コミュニケーション、など
大阪市場でビジネスの基本中の基本を思い出させてもらいました。
新たなチャレンジはリスクを伴いますが、
目に見えない大きなリターンが時間をおいて返ってきます。