好きなデザイン ルフトハンザ



好きなデザインを見つけたので撮影。

これはルフトハンザ航空でもらえる、塩とペッパー。トマトジュースなどを頼むと添えらてくる。

ネイビーとイエローの配色に加え、岩塩とペッパーの写真。理屈なくこう言うの好きなんだよな。

これを手に取ってマジマジと眺める人よりも渡されるとすぐにビリっと破り中身を使う人、通り過ぎる人の方が圧倒的に多いはず。

しかし、無意識に通り過ぎた人にもしっかりルフトハンザ航空のブランドは無意識に残ってるんだろうな。このデザインなら残るな。




売れる売り場作り



「お父さん」のCMで有名な某携帯会社さんから直接、スマートフォンアクセサリーの売り場スペースを提案して欲しいとの要望を頂きました。

グラフィック、インテリア、モノづくり

弊社がすべてできると言う強みを評価していただきました。ありがとうございます。

限られた時間で空間を作り上げ喜んでいただいてます。

最近つくづく思います。
インテリアとグラフィックとWEBは同じ会社でディレクションした方が良いのではないかと。





カラフル



アスファルト、車、信号、鉄柵、看板、線路。無機質な工業製品が至る所に存在している香港の中心街。

会食後、徒歩でホテルへ帰る途中、Appleの広告に出会いました。

街の中にカラフルなお花が咲いた。
そんな風に感じました。いいね。




カラーバランス



カラーへのこだわり。

デザインに重要なカラー。どんな色を選択するか、どの色とどの色を組み合わせるか。これを決めることは最初の重要な作業。

そして、次に重要な作業は、出力時、パソコン上で指定した色が、リアルな媒体に反映されているかどうか?

サンニンのデザイナーチームは、工場へ足を運び、最終確認を行います。

いつもの風景です。





AUDI



大好きなグラフィックなので貼付けました

シンプルで力強く洗練されています









かっこいいデザインです


今日、何気にカメラをいじってて、ふとこれを撮ってみました。

AESOP

デザイン、ブランディング、会社の方向性。どれをとっても尊敬しています。見習いたい会社です、本当に。


このデザイン、無駄を省き、コストを抑えるところからできたみたいです。
Too Muchなパッケージデザインや装飾にお金をかけるのではなく、
正しく商品成分や製品メッセージなどを記載。

製造、流通、小売りにおいても至るところで無駄を省き、市場に還元している。この姿勢がAESOPのアイデンティティだと思います。

「デザインしているけど、デザインしていない」

そう解釈しています。

意識して見てみてください。










うれしい事に、お願いされました。ロゴ製作とグラフィック。



リーマンショック以降、企業の投資が冷え込み、今なお継続中。
しかし、久しぶりにお客様からグラフィックの依頼を、ドラフト1位指名で頂きました。







お客様にながく愛される、そんなロゴを目指して、デザイナーは夜遅くまで頑張っています。


優秀なメンバーに感謝…





ご依頼は、こちらまで。




少ないチャンスを.....

お客様から頂いた仕事はどんな内容でも確実に期待に応え、必ず「喜んで」頂く。と同時に実績として残す。これが大切だと思います。

以前、我々が居住空間をデザインさせて頂いたお客様から、「仕事の話」があるから直ぐに会いたいと言われました。
日本を拠点に、ワールドワイドでファイナンシャルコンサルティングを行っている社長から、オフィスデザインのお話をもらい、「弁護士、会計事務所の様な重みのある空間にして欲しい」と言われました。
内心「キター」って喜んでしまいましたが、必死に抑えました(苦笑)

しかし、プランを進めていく中で、リーマンショックが起こり会社を直撃。結果、空間のお話はなくなりました.....

残念がっていた時、ふと打合せの中で「ロゴや名刺を何とかしたい」と言っていたのを思い出し直ぐ行動にうつし、短い時間の中で以下のプランをデザイン、提案しました。












DESIGN :ishimaki

ishimakiさん曰く、心がけた点は2つとのことです。
 お客様との会話を多くしたこと。
 お客様に複数の中から選んでもらうよう心がけた
そして、上記プラス7案を提案し、結果一番上の最初のデザインで名刺から販促まですべて決まりました。さすが、isimakiさんのコミュニケーションデザイン力。オールラウンドプレイヤーです。

『デザインのポイントは、「G」とjapanをモチーフに、曲線と直線で動きのあるデザインゴシック書体で力強い印象をイメージ。グローバル、活力、躍動、知的。』


すごく感謝されると同時に、喜んでいる表情をみて、やりきってよかったなと思いました。現在、不動産再生の案件で社長からお声をかけて頂いています。居住空間、グラフィックを担当させてもらい、次は空間再生。
人のつながり、信頼関係は時に想像できない程の発展をもたらす事を実感しています。

さて、次は空間デザイン、こんな気持ちです。
小学校の時、算数の授業は好きだったのですが、待ち遠しかった、体育の授業が次だ、という感じでワクワクしています(笑)

お弁当リノベーション 南青山惣助

2009年の初めのころ、お弁当屋さんを都内の一等地でスタートさせたいと言う、アグレッシブや社長から仕事の依頼を受けました。

店舗は、久しぶりだなと、わくわくしながら打合せを重ねていきました。
しかし、競合店舗の調査、売れる商品等、打合せを重ねる中で、
「リアル店舗をいきなりスタートさせるより、もっと市場が求めてるビジネスがあるのでは?」という方向に話が進んで行きました。

アイデアマンの社長は、毎日どこかで行われているイベントや、大規模な会議、展示会等、お弁当をまとめて購入したがっているお客様に対してサービスを提供していけばいいのでは!?と言うのです。

なるほどな、それは一理あると思いました。
ビジネスって、横文字で書くと何か堅苦しくなるのですが、要はお客様の欲している物/サービスをプロとして予想以上の成果物を提供することだと思います。

結果、お弁当のデリバリーからスタートすることに。








DESIGN :ishimaki

ファッションセンス、抜群のisimakiさんがデザインしました。
彼女いわく「美味しそう、高級感、安心、信頼」等、感じて頂ける様なデザインを心がけたようです。(僕もかなり好きなデザインです)

惣助さん
次はリアル店舗!共に成長していきましょうね。


| 1/1PAGES |