スタバライフ



スタバに年何回行っているのか?
平日毎日、スタバに行きます。
3rdプレイスと言う、家と職場ではない第3の場所を掲げている
コンセプトにものすごくフィットしている僕…
仕事をしたり、本読んだり、ブログ書いたり、スマホ見たり、
会社内でできない事、しづらいことをスタバで。



正直捗ります。来月の講演会のプレゼンの流れは決まった、
人事制度の骨子も決まった、
今抱えている案件をどの様に対応するなかも決まった、
協業パートナー会社をどのように開拓していくのか…etc
全て考えたことが功を奏している。
家や会社でできないことを解決してくれる場。
周りを見渡すと僕のような人が多いと思う。
3rdプレイスを賢く使いこなす事が今後のキーなのかもしれない。

年明けは大阪



年明けは大阪。
昨年はプライベートで忙しくあまり大阪に行くことができませんでしたが、
今年は昨年の倍大阪に足を運び西日本エリアのマーケットを
開拓していきたいと思います。
社長のできることはただ一つトップセールス、これのみ。
私はセールスが好きなので大阪のスタッフと共に、
積極的に動いていきたいと思います。



今は難波シティにあるいつものスタバで壁にかけられた、
虎の絵を見ながらどのようにターゲットを絞り弊社強みを
活用していくのかを考え中。

一休さんも同じ気分で虎の絵を見ていたのかと思うと
アイディアがどんどん出てきます。


新春賀詞交歓会




ファシティマネージメント業界の令和2年賀詞交歓会が麹町のホテルで開催され参加してきました。

偉い方はスピーチが上手。
言葉遣い、言い回し、知識、どれをとっても
勉強になることばかり。その地位にいる理由は明確です。

挨拶の中で今年の干支鼠の話が出てきました。

鼠は生命繁殖の象徴との事。
日本も人の繁栄をさらに願いそのためにはファシリティが必要であり欠かせないと力説されているのを聞き、デザインの活躍する場は今年も盤石だと思いました。



これまではいかに顧客を直接開拓できるか、これに焦点を当て
経営してきましたが、会社として力がついて来たので、
今後は大企業と共にパートナーシップの上で一緒に
プロジェクトを進めていく方に舵を切ります。
この準備は2年前から初めて今年花を咲かせます!

そう心に決めた交歓会でした。

謹賀新年



新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

毎年恒例になった仕事初めの愛宕神社参拝。
年々参拝者が増え今日は石段上がってから1時間待ち…
開発によりオフィスビルが増えたことが要因。




急な石段を快調に登りました。昨年も神頼みしたいことが
多々あったので石段をあがるのはなれたものです。



1時間ほど並び参拝。
口には出しませんが、毎年、毎回、同じことを
願っています。
私の望むことはただ一つ、それ以外は望まない…
自分と言う人間が少しわかってきた気がする。



下の石段も快調。
手すり使わず、目線を少し先に置きリズム良く歩くと
怖くないです。
怖いと言うと怖くなる、
暑いと言うと暑くなる、
寒いと言うと寒くなる、
……と、私は思うので淡々と行きます。

会社経営も同じ感覚で2020年も楽しみます。

仕事納、泰然自若



12月26日、弊社は仕事おさめでした。
私は経理関係を確認しその後オフィス大掃除をしてから
打合せの為外出。
改めて自分のデスクは明日片付けに行こう。

2019年の大きな成果は…
1. 会社の仲間が増えたこと
2. 3年前に構想したビジネスの大車輪が回りはじめたこと
この2つです。

1つ目、仲間が増えるのは心底嬉しい。
同じ目標を共有しそれに向かって進み成果が出たら共に喜ぶ。
仕事においてこれ以上の達成感を得る事はないと思う。

2つ目、2016年に大阪心斎橋でふと思いついた
デザイン設計を軸とした新たなビジネスモデル。
協業パートナー会社と共に進め2019年に花が咲き動き出しました。
これからのサンニンの成長の原動力になる事は間違いありません。

ふと、以前読んだ書籍の一文を思い出しました…
「人間は頭で創造する事は実現できる」
その通りだと思う。
構想から具現化した今だからこそ、この言葉に疑いはない。

2020年は恐らく過去3年に比べ市場は厳しくなると思う。
具体的には案件が減るかプロジェクト規模が縮小するかのどちらか。
間違いなく同業他社との競争も激化、
特に価格競争は激しさをますに違いない。

しかし、私は泰然自若。どの様な環境におかれても
チャンスと捉え世間が消極的になれば、果敢に攻めていきたい。
これができるのもサンニンの仲間があっての事。

来年も15年の実績を土台にさらに会社を飛躍させます。
どうぞよろしくお願いします。

2019/12/29
東正展



年の瀬




「年の瀬」

毎年12月になるとよく聞くけど意味を知らなかった…
調べてみると江戸時代のツケの支払いが語源。
当時年内のツケを年末にまとめて支払わなければならず、
切迫した時期との事。意外にネガティブな意味なんだ…
それを知らずに使っていた自分…苦笑
ゴタゴタをきれいにして来年からリスタートしたい、
そんな感情なのでしょうね。
江戸時代であれ令和時代であれ人間が持つ気持ちはなんら変わらない
と言う事。

幸い毎年気持ちよく12月を過ごしている私。
ツケ払いに追われない環境を作るのが私の仕事。

年の瀬、最高!




この黄色が好き



この黄色が好きです。
いつからかなー、
この仕事をするようになってからかな。
東京の街路樹はイチョウが多く自然と目にしていたためかもしれません。
秋以降イチョウの葉はグリーンからオレンジに色づき最後はイエロー。
この色になったら葉は道路一面に絨毯の様に敷き詰められる。
東京にいなければ目にする事のない光景かもしれない。

イチョウイエローとグレーの相性抜群。
服に取り入れてみようかな笑笑

この時期好き



この時期が1年で一番好きです。
クリスマス前、年末に向かう、街の雰囲気。
なんだろう、みんな少しフワフワしてますよね。
スタバに入るとクリスマスBGMが流れている。
聞いてて気分が良いですね。
クリスマスまでのワクワク、年末に向けての締めくくり、
来年への期待など色んな感情が湧きます。
来年は何をしようか!?目標など考える時間を今から持とう。

新宿南口





最近、昼も夜も新宿によく来る。
仕事の打合せ、久しぶりの再会、昔の知り合い、前の会社の先輩、
後輩、上司など。
今の自分の人生を作り上げる過程の中で出会った方々。
皆共通しているのは、社会の中での役割を担い、責任を負い、
そしてそれを果たしていること。
目の力、黒目の光方が違う。話をしてて、こっちも力がみなぎる。

誰と出会い、何を話し、何をするのか、
このサイクルで理想の人生に近づけるよう日々精進している。


愛宕神社



やる事やったら、あとは神頼み。

自分の力で物事を進め、問題が起きたら、解決に向けて動く。
20代、30代はこの精神で仕事もプライベートも乗り切ってきました。

40代の今は少し違います。
やる事、やれる事、
さらにまだやれる事をやったら次は神頼み笑笑
今、どうしても結果を出したい事があり自宅近くの愛宕神社にお参りに。
お賽銭、二礼二拍手一礼。
神社に来てお参りする余裕を持つ事ができるようになった、40代。
出世の石段登ったので、大丈夫だと思います笑

| 1/24PAGES | >>